ル・レ-ヴピアノ教室ブログ

個人でピアノ教室を運営しています☆新小金井駅より徒歩3分♪ ホ-ムペ-ジはこちら→http://www.lerevepiano.com/ 日々の練習や、教室の事、コンク-ルへの挑戦等、日々の出来事を綴っています。

ピアノを長く続けるために

こんにちは♪

ル・レ-ヴピアノ教室講師・田島麻実です☆

今日もブログを読みに来てくださり、ありがとうございます♪

f:id:piano-tajimaasami:20191019182426p:plain
ありがとう


厳しい指導で、緊張してしまって、レッスンの日は気が重くて辛い。

『もうピアノ辞めようかな。。』
『でもせっかくここまでやってきたのに辞めるのは勿体ないなぁ。。』

こんなお悩みを体験レッスン時の面談で保護者の方々から伺います。

せっかくワクワクで始めたことなのに、こんなに悲しい気持ちになってしまうなんて。。😢


長続きさせるにはどうしたらいいんでしょうか?


■「夢中な時間」をいかに増やすかが長続き&上達のポイント

「いいね!」とほめることは、子どもの自己肯定感を高めます。「自分は出来るんだ」と思えた子どもは、「よし、もっとたくさんの曲に挑戦してみよー!」「発表会に出て皆に聴いてもらいたいなー!」「上手くなるにはどんな練習をしたらいいかな~」と次のトライを自主的にスタートさせます。

これが「夢中になっている」状態。自分の中でモチベーションをつくりだしています。
この「夢中な時間」をいかに増やすか。それが長続き&上達の大きなポイントだと思います。

ところが、「厳しく言い聞かせたり、要求したり」した場合、子どもは「夢中」の入り口にたどり着けません。

「先生が怖いから、やらなきゃ」
「また怒られるから、練習しなきゃ。。」

追い詰められた子どもにとって、ピアノを頑張る動機づけ(モチベーション)は、先生からの刺激。自発的なものではなく、強制的なものになってしまいます。


やはり「楽しい❤️❤️✨」「ぼく・わたしは出来る🙆」という自発的な気持ちと自信が大事です。
楽しいことは、止められてもやりたくなりますもんね✨

f:id:piano-tajimaasami:20191019183645p:plain
楽しいことは、やめられない!


指番号がとか、強弱がとか、色々気になりますが、ピアノを弾く原点というのは楽しみたいということだと思います。


せっかく始めたピアノ、どうか長く続けて生涯楽しんでいってほしいです👍
今すぐに結果が出なくても、続けていくうちに開花していく事も、たくさんありますからね^^♪


ル・レーヴピアノ教室はアットホームで愉快な教室です😊
是非、お気軽に遊びに来てくださいね🎵


お問い合わせや体験レッスンの予約はお気軽に!
お電話・メ-ル・HPの問い合わせフォ-ムからも受付ております。

 
携帯:090-8840-1778
メ-ル:info@lerevepiano.com
HP:http://www.lerevepiano.com/

西武多摩川線/新小金井駅 徒歩3分
JR中央線/東小金井駅  徒歩12分 

芸術の秋!体験レッスンのお申込みが続々増えています♪

こんにちは♪  

ル・レ-ヴピアノ教室講師・田島麻実です☆

 

今日もブログを読みに来てくださり、ありがとうございます♪

 

もう10月ですね!

段々と涼しくなってきて、秋の気配がしてきますね^^

 

秋といえば、何が思い浮かびますか??

食欲の秋、読書の秋、スポ-ツの秋、睡眠の秋・・

そして・・忘れてならないのは・・

「芸術の秋」ですね!!

大きな文字で書かせて頂きました笑

 

芸術の秋という事で、最近、体験レッスンをお申込みされる方が

続々増えてきています☆

 

気候も良くて、何か新しい事にチャレンジするには、もってこいのこの季節。

私は年間の中でも、この「秋」が1番好きな季節です。

新しい事だらけの落ち着かない「春」とも違うし、

暑くてバテちゃう「夏」・寒すぎて凍える「冬」でもなく・・

「秋」ってなんだか、落ち着いていて、大人な季節って感じがします♪

何かが始まりそうなワクワクした感じがしませんか?^^

 

そんな秋にピアノのお習い事はいかがでしょうか?

 

皆さん、音楽を聴く事は、好きだと思うのですが、

ピアノを習い、学ぶと音楽を聴く時の感じ方も変わってくるように思います。

 

人間や動物の持つ能力のひとつに「五感」というものがあります。

聴覚・視覚・触覚・味覚・嗅覚ですね!

特に聴覚・視覚・触覚はピアノを弾くとかなり鍛えられる感覚です。

 

聴覚(音を聴く)暖かい音、冷たい音、楽しそうな音、寂しい音。。など      違いを聴き分ける事が出来るようになります。注意深く音を聴きとることは、人の話を聞く能力にもつながり頭が良くなるポイントの一つです。

 

視覚(楽譜を見る)楽譜に書かれている事を正確に読み取る力をつける事で注意力がつきます。右手・左手の音符を見ながら、強弱記号、音楽用語なども同時に読み取るので、瞬時に3~6以上の事を判断し即座に行う力がつきます。

 

触覚(鍵盤に触れる)電子ピアノの鍵盤とアコ-スティックピアノの鍵盤では触覚が全く異なります。ピアノ曲には楽しい曲、悲しい曲等、様々な曲がありますが、それらを表現するには、まず自分の発する音を感じる力が大切です。鍵盤のタッチの触覚、発される音色から表現力が磨かれます。残念ながら、電子ピアノではタッチの感覚を身に着ける事が出来ません(ノД`)電子ピアノは電子音しか出ないので、表現に限界があります。 弾く楽しみの一つでもある音色の楽しみ♪触覚の先にある「音の楽しさ 深さ」が生ピアノでは知る事が出来ます。       

                                    

 

五感を磨く事で、感受性も豊かになり、いろいろな事に興味を持つ事が出来るようになりますから、自然と人生が豊かになっていきます。楽しみも増えますし、季節の変化などの小さな変化も敏感に感じるようになっていきます。それは他者の心に目を向け、心を砕く気持ちを育むことにもつながっていきます。

 

ピアノを学ぶ事により五感を鍛える事は、子どもたちの健やかな心を育て、感受性を豊かにし、思いやりの心を育てます。

ル・レ-ヴピアノ教室のモット-は

『♪音楽とともに心を育てる♪』

 

皆さんのお越しを心よりお待ちしております^^♪

 

お問い合わせや体験レッスンの予約はお気軽に!

お電話・メ-ル・HPの問い合わせフォ-ムからも受付ております。

 

携帯:090-8840-1778

メ-ル:info@lerevepiano.com

HP:http://www.lerevepiano.com/

西武多摩川線/新小金井駅 徒歩3分

JR中央線/東小金井駅  徒歩12分 

体験レッスンのお申込をして頂きました皆様へお願いです

ル・レーヴピアノ教室 田島です。


体験レッスンのお問い合わせをメールでやり取りさせていただいております際、info@lerevepiano.comからのメールが迷惑メールにて振り分けられてしまい、こちらからの返信が届いていないケースが発生しております。

お手数をお掛け致しますが、お問い合わせメールをお送り頂いてから3日以上返信がない場合は、info@lerevepiano.comからの返信メールが設定で受信拒否になっていないかご確認いただきまして、再送いただけますとありがたいです。
もしくは、直接ご連絡がとれるお電話番号をメールで頂けましたらこちらからお電話させて頂きます。

ご面倒をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

ル・レーヴピアノ教室
田島 麻実

ル・レ-ヴピアノ教室ブログへようこそ!

はじめまして♪ 

ル・レ-ヴピアノ教室のブログへようこそ!              

 

このブログでは、音楽を通して私が日々感じる事や、教室や生徒さんの事、練習の事を中心に綴っていきたいと思っております。また、音楽以外にも子育てや、最近興味のある事など、音楽以外にも楽しんで読んでもらえる内容にしていこうと考えています。

                

 

ブログ第1回目は、ル・レ-ヴピアノ教室講師の田島麻実とはどんな人物なのかまた当教室について知って頂ければと思いまして、僭越ながら自己紹介・教室紹介をさせて頂きたいと思います。最後まで読んで頂けたら、嬉しいです^^

教室開講までのお話し

実は、1年前まで、不動産管理会社勤務の事務職として11年間働いていました。     

5歳の息子が1人いる為、フルタイム勤務で、仕事と育児に奮闘しておりました。そんな状況下でしたが、私はどうしても人生でこれだけはやっておきたいと思い続けていた夢と言いますか、希望がありました。それは・・                  

 

『ピアノ教室を開くこと』『演奏を仕事にすること』すなわち『音楽を仕事にしたい』 という並々ならぬ強い想いがあったのです。

 

しかし、現実の状況としては、その想いを形にする事は困難でしたし、安定した仕事を持っていて、それを捨てる勇気や決断もなかなか簡単に出来るものではありませんでした.

                         

 

けれど、夢を夢のままで終わらせるなんて事は、絶対に出来ないと思った私は、仕事を続けながらでも、何か準備出来る事はないかと、チャンスが訪れた時にすぐ動き出せるように『今』何が出来るかを考え、ベストであると思う事を行動に移していこうと決意しました。

 

当然、ピアノ講師や演奏家になりたいのであれば、演奏技術は必須です。私は、声楽科出身なので、ピアノの演奏技術があるという客観的な証明も欲しいと思いました。それはもしかしたら、将来の生徒さんにとっての信頼に繋がるだろうと思ったからです。

 

客観的な技術の証明として、ピアノコンク-ルで結果を出す事を目標としました。これは独身の頃から実行していましたが、子どもが生まれ、仕事をしながらも続けました。ですので、特に育休明け仕事復帰後の日々は壮絶な忙しさでした。仕事・育児・家事・練習という4つの事を同時進行するにはかなりの精神力が必要です。

 

どう練習時間を作り出すか、捻り出すか。練習は、子どもが起きる前の早朝・会社の昼休み・子どもを寝かしつけてからの深夜で頑張って捻り出しても、最大2時間といったとこでしたが、絶対に毎日欠かさず練習に取り組みました。昼休みに練習出来たのは大きかったです。会社の近くに2か所レンタルスタジオがありました。本番前は、おにぎり5分で食べて昼休みの時間全て練習しました。※早食いスキルが上がりました。身体に悪いです(笑)

 

結果を出すのは簡単な事ではありませんでしたが、段々と入賞も出来るようになってきて 毎日2時間しか練習出来ませんでしたが、技術も少しずつ上がっていったと思います。

 

防音室付きの理想の家を購入

家を購入するまで、アパ-トに住んでいました。楽器不可でしたので、切ない事に家での練習は電子ピアノで行っていました。正直、電子ピアノでは、鍵盤のタッチも違いますし、電子音でしかないので、練習楽器としては、かなり不足を感じていました。でも、しょうがなかったのです。結婚して、実家にピアノは置いてきてしまっていました。

              

 

そんな状況において、演奏家になりたいだ、教室を開きたいだなんて、何を夢みたいな事を・・という状況でした。まして子どもまでいて、そんな事より、子育てや生活に集中しろという声も身内から言われました。同じママをやっている人にも責められているような気がしましたが、もしかしたら、それは自分自身の深いところで自分が自分を責めていたからこそ、人からも責められていると感じたのだと思います。

 

これはイメ-ジですが、母親たるもの、自分の事は二の次で1番に考えなければいけないのは、子どもや家族の事。この考えから逸脱する者は母親ではないような、そんな暗黙の母親像が世間にあるような気がして、自分がそれに当てはまらないから、失格みたいな気持ちになる事なんかもありました。

 

母親が夢や希望を持つ事は、決して悪い事でも、責められる事でもないはず。逆にやりたい事をして生きる姿を子どもに見せる事も、子どもにとって良い影響となるのではと考えを改めました。              

 

世間とはなんでしょう。人の目を気にしすぎると、何も出来ません。臆病になり、一歩も進めません。世間や人の目を気にして下した決断は、自分の決断ではありません。

         

 

自分の人生は、自分で創っていくもの。世間で良いとされている生き方が自分にとっての正解ではないと思います。自分軸で生きる事が後悔のない人生を送る秘訣かなぁと今、私は思います。                                

 

そんな日々を送っていましたが、ある日、運命の物件と出会います。図面を見た時の興奮は、忘れられません。1階に十分な広さのある防音室が既に設置されていました。駅から徒歩3分、子どもを通わせていた保育園にも無理なく通える距離感。こんな条件、二度とない!!と、見るや否や、立ち上がりました!!この家を手に入れれば、教室が開ける、憧れのグランドピアノも置ける!!この家は私を呼んでる!!と思いました。

                

即内見、即決でした。以前の持ち主の方がこの家で教室を開いていました。 深夜まで弾いていても、音漏れしたり、クレ-ムが来た事もないとおっしゃっていました。

 

この購入を境に一気に、夢に現実味が帯び始めました。もっと具体的に何か準備出来ないかと考え、師に相談したところ、リトミックを学んでみてはどうかとアドバイスをもらいました。子どもへの教え方も分かるし、教室開講を目指すにあたっては、必要な事だと思いリトミック研究センタ-に通う事を決めました。

 

リトミック研究センタ-では、初級・中級・上級とコ-スがあり、合計3年でリトミックを幼児に教える資格を手に入れられるというもので、月1回3時間の研修があり、毎年2月に試験があって、合格を目指すようなそんな内容です。

 

強く想っていて、それに向けて行動し続けていれば、だんだんと夢は自分に近づいてくるのではないかなって思いました。だから私はいつも、叶うまで諦めません。        

 

この年、たくさんのコンク-ルに挑戦し、全てのコンク-ルで入賞しました。

 

決断の時

その翌年、会社で、初めて人事異動がありました。入社からずっと同じ部署にいた為、どんなに忙しくても、なんとかこなせるという感じだったのですが、異動してみると、どうも勝手が違い、新入社員のようにまた1から覚えなおさなければいけません。

                              

これまでは、定時で帰る事が、ピアノ練習をする上で、ギリギリ時間を確保できるラインだったのですが、やはり、不慣れな業務という事もあり、残業はありますし、エネルギ-も吸い取られていくようでした。

 

前述したように、仕事・家事・育児・練習の4つの同時進行には、かなりの精神力&エネルギ-が必要です。

 

とうとう私は練習出来なくなりました。練習時間は無くなったし、精神力とエネルギ-が失われていきました。家に帰ると涙しか出ませんでした。ピアノを弾く気力や時間がなくなった事がとても悲しかった。本当に辛い日々。ガクっと落ちた感じです。

 

ある日、当時3歳の息子がいいました。『ママはどうして泣いてるの?』

『ママはね、新しいお仕事も辛いし、ピアノも弾けなくなって、なんのやる気もしなくなっちゃったんだよ・・ご飯も作れないよ、部屋も片付けられないよ』って嘆いたら、子どもが防音室に私の手をひっぱって行ったのですよ。

ママ、ピアノ弾いて』って。久々に弾いて、『あぁ、やっぱピアノ弾くのいいね~』って息子に言うと。。

 

『ママは、お仕事を辞めて、家でずっとピアノを弾いていたらいいよ』

って言ったんですよ!え!?3歳のセリフなの?!これ!?ってくらいの衝撃と共に号泣してしまって、『ママ、お仕事辞めて、ピアノを弾きたいよ~!!』と大泣きでした。

 

これは、転機なのかもしれないなぁと思いました。安定した仕事&収入を捨てる事が出来ないって想いが今まで、私をブロックしていてまだ、ピアノ教室を開ける準備は完璧ではないからとか、言い訳をして、1歩踏み出せないでいました。

 

これは良い機会だ。ピアノ教室を開くのは『今』なんだとはっきり感じました。

 

何かを始めるには、何かを捨てなきゃいけない。捨てないと新しいものは入ってこないのだと思います。

 

それにしたって、退職にあたっては、かなり悩みました。異動したばかりで辞めるなんて、とても無責任な事だと思ったし、大迷惑な話しではないかと・・。それにこれでは、困難から逃げてるって気もしました。

 

しかしながら、自分はここに至るまで、ピアノ教室を開く為に準備はし続けてきた。新しい仕事に慣れていく為にエネルギ-を使うのか、それともここで潔くやめて教室を開く事にエネルギ-を注ぐのか、どちらが私の本当に求める事だろうと徹底的に自分と向き合った時に、やっぱり私は『ピアノ』だと思いました。

 

私はピアノを選び、現在こうしてピアノ教室を開き、僅かながら生徒さんも通ってきてくれていて、長年の夢・目標にむけて1歩を歩き始めたばかりです。            

 

私は、これからたくさんの生徒さんを教える気でいます。そして、演奏家にもなります。コンク-ルで優勝もしたいです。自分を通して、音楽を通して、たくさんの事を伝えていける先生であり表現者でありたい。

 

私は自分の決断を正しかった事にしていく。自分の人生は自分で創造していく。

好きな事を通して、人の為になるような人生を送っていきたいのです。

 

ル・レ-ヴピアノ教室

長々と教室開講までの話しを読んで頂き、ありがとうございました!  

 

ル・レーヴピアノ教室では、小さなお子様から大人まで基礎を大切にした丁寧な指導を心がけております。                  

 

私自身がかなりの不器用者ですので、出来ない事に対して、責めたてたりする事はありません。一緒に解決策を考え、生徒さんのピアノが少しでも上達する手助けをしていけたらと考えています。

 

子どもにしても、大人にしても、厳しい社会の中では、皆さん、シャッタ-を下すように自分をガ-ドして、大変な日々を乗り切ろうとされています。だからこそ、レッスンでピアノを弾く時は、シャッタ-を開けて心を解放して弾いて欲しいです。ワクワクした気持ちを共有したい。生徒さんの心に寄り添ったレッスンを。レッスンが終わった後に『元気になった』『明日からも頑張れる』と思える楽しい時間を 過ごせるル・レ-ヴピアノ教室に、もしよろしければ、是非、習いにきてくださいね♪  

 

いつでもお待ちしております。

 

お問い合わせや体験レッスンの予約はお気軽に!

お電話・メ-ル・HPの問い合わせフォ-ムからも受付ております。

 

携帯:090-8840-1778

メ-ル:info@lerevepiano.com

HP:http://www.lerevepiano.com/

西武多摩川線/新小金井駅 徒歩3分

JR中央線/東小金井駅  徒歩12分